書評

【書評】桜風堂ものがたり/村山早紀/PHP文芸文庫ーー人々の心に支えられた、田舎町の本屋さん

ーー言葉は耳に降りそそぐ。永遠の水の流れのように。  今回ご紹介させていただく作品は、村山早紀・著『桜風堂ものがたり』になります。  こちらは”桜風堂ものがたりシリーズ”の第一作目でして、その後、二作目『星をつなぐ手』→三作目『桜風堂夢...
書評

【書評】本を守ろうとする猫の話/夏川草介/小学館ーー懐かしの児童文学ファンタジーのような

ーー君自身が旅を続けなさい。メロスが最後まで走り続けたように。  みなさんは、なぜ、なんのために本を読まれますか?←唐突  一口に本と言ってもジャンルはさまざまです。なので今回は「小説」に絞って考えてみたいと思います。  私は両親の影...
ジャンル別ランキング

【ランキング】GW中の隙間時間に読みたい!後悔しない”ミステリ小説”7選2022

”人が死なないミステリ”が若干多めかも?  もうすぐ私やみなさんもご待望のGWに突入ですね⭐︎  ご家庭でも職場でも学校でも、GW前の熱気にあふれていることでしょう。  みなさんはどのように過ごされますか?  私はまだ予定が定まりき...
書評

【書評】medium 霊媒探偵城塚翡翠/相沢沙呼/講談社文庫ーー最高峰の大どんでん返し?!

ーー心霊と論理を組み合わせて、真実を提示するーー。自分は、彼女の媒介者となる道を選んだ。時間はもう、あまり残されていない。  今回ご紹介させていただく作品は、相沢沙呼・著『medium 霊媒探偵城塚翡翠』になります。  相沢沙呼さんは、...
書評

【書評】赤と青とエスキース/青山美智子/PHP研究所ーー芸術×ミステリ×奇跡のラブストーリー

ーーエスキース。デッサンやスケッチなどと意味合いは似ているが、決定的に違うことがある。それを元にして、本番の作品を必ず完成させる。書き手にその意志があると言うこと。  今回ご紹介させていただく作品は、青山美智子・著『赤と青とエスキース』に...
書評

【書評】サラと魔女とハーブの庭/七月隆文/宝島社ーー飛びたいと思えることこそが、、

ーーエキナセア 元々ネイティブアメリカンが傷薬として使っていたハーブで、免疫力を高めてくれるわ。癖がなくて飲みやすい  みなさんのご家庭には、ハーブはありますか? そもそもハーブって何? って方も多いやもしれません。ハーブの定義は「古代オ...
ジャンル別ランキング

【ランキング】新しい春を迎えたタイミングで読みたくなる!心温まる”恋愛小説”7選2022

春っぽさを重視した7作品を選びました。!  ようやく待ち望んだ桜の季節が訪れて、ポカポカを感じる日が増えてきました。  ここで、そんなタイピングで読みたくなるような、心がほっこりするような恋愛小説7作品をランキング形式にてご紹介させてい...
書評

【書評】サクラ咲く/辻村深月/光文社文庫ーー鮮麗な青春の栄光を、勝ち取るための物語

ーーずっと忘れない。私たちの遠い日の歌を。  こんにちは。Twitterの友達の影響で、最近は青春小説を読むことが多くなった私です。そんな私のもとに、桜の花びらの如く舞い降りてきましたこちらの作品、辻村深月・著『サクラ咲く』。  辻村深...
書評

【書評】世界が青くなったら/武田彩乃/文藝春秋ーー人生を変える、恋愛ファンタジックミステリ

ーー人間っていうのは選択の積み重ねで出来てると思ってるの。一つでも違う何かを選んでいたら、それはもう別人なのよ。  「あのときこうしていればよかった」って考えること、みなさんにはありますか? 私はありません。っていうと嘘になるかもです。。...
2022.04.13
書評

【書評】マツリカ・マジョルカ/相沢沙呼/角川文庫ーー妖艶でビターで辛辣な青春ミステリ

ーー遠く離れているわけではない。手を伸ばせば届く距離にいるのに、互いにふれようとしない人々を。互いに避けあって、声を掛けずに見て見ないふりをしている人々を、わたしはここからみているの。手を伸ばしても届かない距離まで、走って逃げてしまう、哀れ...