【書評】おいしいベランダ。/竹岡葉月/富士見L文庫ーー黒髪ドSイケメンの料理のお味は?!

おいしいベランダ。書評
※書影は版元ドットコム様より
スポンサーリンク

ーーお隣さんのベランダで、野菜と恋心、育てました。

 みなさん、野菜は好きですか? うちでは毎日の夕飯の一品には必ず、山盛りのサラダを出すようにしています。それも、これだけでお腹いっぱいになるよねっていう量です笑 推奨されている1日の野菜摂取量って、両手のひらで作るおわんのなんと8杯分とのこと! けっこうな量ですよね。でも器に盛りつけてしまうと、案外ぺろっと食べれてしまうのは不思議なところ。みなさんも、野菜はしっかり摂ってくださいね!←何の話?

 さて、今回ご紹介させていただく作品は、竹岡葉月・著『おいしいベランダ。』になります。全10巻の文庫本からなるラブストーリーの超大作です。それぞれの巻タイトルは、”その巻のコンセプトとなるキーワード”と”巻数”が合わさったものになっています。
 例えば、3巻なら『3月の桜を待つテーブル』、9巻なら『あの家に行くまでの9ヶ月』みたいな。竹岡葉月さん曰く、この手法は10巻までが限界だったそう笑

 『おいしいベランダ。』というタイトルから、「あ、ベランダ菜園の話だな」と容易に想像がつくかと思います。←つきません そうなんです。この物語では”ベランダ菜園”と、それらを”収穫”して”料理”して”実食”するという一連の流れがたびたび登場します。「おいベラ節」です。

「えー、それだけで10巻とか退屈すぎん?」

 と思ったあなた! ノンノン! 竹岡葉月さん、恋愛小説の”見せ場”は外しません。10巻すべてに際限なく散りばめられたドラマがあるんですよ。私、ラスト10巻終盤ではずっと「まだ終わらないで、終わってほしくない」って、心の中で唱えながら泣いていたぐらいですから。シクシク 超大作には超大作になるだけの理由があるのです。。

 物語は、亜潟葉二(主人公)と栗坂まもり(ヒロイン)の2人を中心に展開されていきます。2人の歳の差はなんと10歳以上。亜潟葉二はグラフィックデザイナーとして生計を立てているのですが、栗坂まもりの方は、当初はまだ大学生。

 ベランダ菜園という優しい趣味をきっかけに、歳の差カップルが、朗らかな恋を成就させていく物語、、、

 だと思ったあなた! ノンノン! この亜潟葉二という人物、黒髪ドSイケメンなんです! ドSです! えーっと、少し語弊がありそうなのでこれくらいにしておきます。。
 亜潟葉二は、カルバンクラインのネイビーのシャツと、ポールスミスの黒のストライプネクタイと白のチノパンで、ブロードウェイを歩いていても様になるくらいにはイケメンな、身長180cmの超イケメンです。

 しかしその実態は、、「ベランダ菜園オタク」。自宅のベランダを鉢とプランターで埋めつくすメガネジャージ男……。

 一方の栗坂まもりは、進学を機に、神奈川県の川崎から東京の練馬区のマンションへとひとり移り住み始めた、世間知らずな夢見る女子大生。そのマンションのお隣さんが亜潟葉二。笑
 どうしようもないくらいのベランダ菜園オタクでドSな男性に、栗坂まもりは果敢に恋を挑んでいきます。振り回されながら、たまに振り回します。
 彼女も彼女で、変に抜けているところがあったり、許容範囲が広いというか、、あと健気すぎる一面があったり感受性も豊かで、女子としてすごく共感できる部分が多くって、物語に入り込むのはとても容易でした。

 それはそれはイレギュラーさの色濃い亜潟葉二。見くびってはいけません。実は年上の男性として、必要なときに一番欲しい言葉をくれたり、本当は心に熱いものを宿していたり、やるときはやる男だったりもするのです。それがとてもきゅんなのです♡ そして、なによりも料理上手! 料理男子は、もうポイント高いですよね⭐︎
 私、作中で登場する料理を再現してみたりもしたのですが、基本お手軽な食材で、手間も省いていて、できあがりはすっごく美味しいんです。お気に入りは「あさりと海老のパエリア」(*´艸`)
 「おいベラ節」と呼ばれる2人の料理シーンは、1巻からずっと物語の核となりながら、最後まで読者に笑顔と感動を届けてくれるものとなっています。これがあるから2人は……。

 年齢も性格も全く異なる2人が繰り広げる、濃厚な揺さぶり数多なラブストーリー。私は面白すぎて、短期間で2周してしまいました。近いうちに3周目にも入ろうかな。。笑
 この作品がきっかけで家庭菜園も始めちゃいました笑 
 2人の他にも魅力的な登場人物もたくさんで、とてもリズミカルに読み進めていくことのできる作品だと思います。菜園と料理の勉強をしながら、癖の強い2人の恋模様をぜひともご堪能あれ⭐︎

あ、ちなみに『おいしいベランダ。』の公式サイトもあるので貼っておきますね↓

「おいしいベランダ。」シリーズ 竹岡葉月 | 富士見L文庫
竹岡葉月「おいしいベランダ。」シリーズ特集ページ。進学を機に一人暮らしを始めた大学生の栗坂まもりと、お隣住まいのイケメンデザイナー亜潟葉二、ベランダ菜園と料理で繋がる園芸ライフ&ラブストーリー! あらすじ・登場人物紹介・試し読みほか。
にほんブログ村 本ブログへ